鹿島建物総合管理の求人

ビル管理求人TOP >> 大手のビル管理会社求人 >> 鹿島建物総合管理の求人

鹿島建物総合管理の求人

鹿島建物総合管理は、ゼネコン鹿島が100%出資して1985年に設立したビル管理会社です。それ以降、30年以上にわたってビルや商業施設など高度化する管理へのニーズにこたえており、業績は安定的に成長を続けています。現在はオフィスビルや商業施設だけでなく、博物館や美術館、マンションなど、全国各地で2000棟以上の建物管理を請け負っています。東京下町の「深川ギャザリア」や秋葉原の「秋葉原UDX」などの存在感を放つ象徴的な建物の管理も鹿島建物総合管理が行っています。また、近年浸透しつつある、建築物の設計・建設・運営・解体までのライフサイクルにわたって、計画・維持・管理・費用の削減を行うライフサイクルマネジメントの考え方に則り、設計や施工と連動した建物のマネジメントに対応した総合的サービスを提供しています。

鹿島建物総合管理のおもな事業は、建物維持管理事業、マネジメント事業、リニューアル事業の3つに分かれます。建物維持管理事業とは、建物の安全かつ快適な環境の維持のために、建物やその設備の日常的な管理や点検を行い、環境を衛生的な状態に保つ保安警備や清掃業務のことです。マネジメント事業とは、企業に代わってその所有する建物を管理したり、テナントビルの事務を代行したり、また、マンションの組合運営を支援したりする業務です。また、これには、竣工前に建物の運営をどうするか計画するコンサルティング業務も含まれます。リニューアル事業とは、建物の劣化を診断し、長期的な修繕計画を立てて、不具合があればそれを改善するリニューアル工事のことです。新入社員はこれら3つの事業のいずれかに属することになります。

鹿島建物総合管理では、技術職に30名前後、事務職に若干名の新卒採用実績がずっと続いていますが、中途採用に関しては定期的な募集は行われていないようです。欠員が出た時にそれを補充する形で必要に応じて募集がかけられるようですが、公式のサイトにも具体的な情報は出ないので、中途採用を希望する方は直接、鹿島建物総合管理の人事部まで問い合わせる必要があります。給与などの条件や必要な資格や経験など具体的な要項も直接問い合わせてみましょう。待遇に関しては新卒採用者と同じで、各種社会保険は完備しており、時間外勤務手当や宿直手当、資格手当、全額の通勤手当はあるようです。休日などに関してですが、技術職の場合、シフト制で勤務することになるので、配属される部署によって勤務時間や休日の取得方法は異なります。これらについても、具体的なことは人事部の採用担当に直接問い合わせる必要があるでしょう。

ビル管理の求人はココに!人気転職サイトの比較!

  サービス名 利用料金 エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 ビル管理求人サイトランキング All Rights Reserved.