ビル管理の電気主任技術者の求人

ビル管理求人TOP >> 条件・職種別のビル管理求人 >>ビル管理の電気主任技術者の求人

ビル管理の電気主任技術者の求人

転職する際に国家資格を持っていれば、転職が有利になることは多々あります。例えば医師や薬剤師や看護師など医療系の資格を持っていれば、どこでも働くことができ有利に転職を行えます。同様にビル管理会社に転職するのであれば、国家資格の電気主任技術者の資格を持っていれば転職が有利になります。これはビル管理会社などでオフィスビルやマンションなどの事業用電気工作物の保安のために、必ず電気主任技術者を選出しなければならないと電気事業法第43条で定められているからです。

電気主任技術者にも第一種及び第二種に第三種とありますが、これは電気工作物の電圧の規模によって資格の種類が異なるからです。例えば第一種電気主任技術者はすべての電気工作物を取り扱うことができ、第二種電気主任技術者は大規模な設備がある事業所の17万ボルト未満の電気工作物のみを取り扱うことができます。第三種電気主任技術者の場合は5万ボルト未満の電気工作物を取り扱え、ほとんどのオフィスビルやマンションであれば第三種を持っていれば対応できます

電気主任技術者の国家試験は電気主任技術者試験と呼ばれることから一般には電験で知られている資格で、電気工作物とは発電所や工場やビルやマンションなどの電気設備のことです。第一種と第二種の試験は一次で理論・電力・機械・法規の4科目と、二次で電力・管理と機械・制御の2科目を受験して合格する必要があります。しかし第三種電気主任技術者の場合は、一次試験4科目に合格すれば資格が取得できます。さらに第三種電気主任技術者の試験に合格すれば、ある一定の期間の実務経験があるという就労証明があれば無試験で第二種の資格も取れます。

電力会社や電鉄で働いている方などで電気主任技術者の資格を持っていれば、ビル管理会社に転職する際に有利になることは間違いありません。また第三種電気主任技術者の資格を取得すれば、ビル管理業界が未経験の方でも採用される可能性は高くなります。電気主任技術者の試験は一般財団法人の電気技術者試験センターが、8月の下旬か9月上旬の日曜日に年に1回だけ実施しています。もしビル管理の電気主任技術者の求人に興味がある方は、リクルートエージェントなどの転職エージェントに登録すればもっと詳しいことを教えてくれます。また求人情報だけでなくビル管理会社の社風や採用基準なども、知ることができるので利用されることをお勧めします。

ビル管理の求人はココに!人気転職サイトの比較!

  サービス名 利用料金 エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 ビル管理求人サイトランキング All Rights Reserved.