ビル管理のエネルギー管理士の求人

ビル管理求人TOP >> 条件・職種別のビル管理求人 >>ビル管理のエネルギー管理士の求人

ビル管理のエネルギー管理士の求人

ビル管理の求人の応募条件にエネルギー管理士と、記載されている場合があります。このエネルギー管理士とはビルなどの管理を行う際にエネルギー使用の合理化や改善や、エネルギーを消費する設備の維持や監視の他に、経済産業省令で定めるエネルギー管理の業務などを行います。経済産業省令で定める規定量以上のエネルギーを使用する、オフィスビルやマンションなどはエネルギー管理者を設置することが法で定められています。

エネルギー管理士の資格の取得方法ですが、受験と講習の2つがありますが両方とも所定の実務経験が必要です。試験は年齢や学歴等の制約はなく誰でも受験でき、エネルギー総合管理及び法規の必須基礎課目と熱分野や電気分野の選択専門課目があります。熱分野の課目は熱と流体の流れの基礎・燃料と燃焼・熱利用設備及びその管理の3つで、電気分野の課目は電気の基礎・電気設備及び機器・電力応用の3つで、課目別の得点が60%以上であればその課目は合格で、4課目が合格になった時点でエネルギー管理士の資格の取得できます。

合格した課目はその試験が行われた年から、3年以内に再び受験する場合はその課目の試験が免除になりますが、合格した年から3年以上を過ぎるとその課目の合格は無効になります。エネルギー管理士の試験は一般財団法人の省エネルギーセンターが年に1回8月上旬に、東京都をはじめ札幌市・仙台市・名古屋市・富山市・大阪府・広島市・高松市・福岡市・那覇市で実施しています。受験料は1万7000円で願書の申込みの受付は、5月の中旬から6月の中旬ころまでで試験の合格発表は9月の上旬に行われます。

次にエネルギー管理士の講習ですが12月上旬に東京都をはじめ、仙台市・名古屋市・大阪府・広島市・福岡市の全国7ヶ所で7日間実施されます。受講料は新規受講者の場合が70000円で課目合格者の場合は50,000円で、講習の申込みの受付は10月の上旬から10月の下旬ころまでです。研修が終了した後に修了試験があり、修了試験の結果は後で発表されます。研修の課目は試験と同じ必須基礎課目と、熱分野や電気分野の選択専門課目です。

ビル管理のエネルギー管理士の求人に興味がある方はリクルートエージェントなどの、転職エージェントに登録すれば資格の取得方法についても詳しく教えてくれます。また転職エージェントのビル管理業界に精通した専任の担当者が、応募書類の添削から面接のアドバイスなど全て無料で行ってくれます。

ビル管理の求人はココに!人気転職サイトの比較!

  サービス名 利用料金 エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 ビル管理求人サイトランキング All Rights Reserved.