ビル管理の電気工事士の求人

ビル管理求人TOP >> 条件・職種別のビル管理求人 >>ビル管理の電気工事士の求人

ビル管理の電気工事士の求人

ビル管理会社に転職するのであれば電気工事士や電気主任技術者の、資格を持っていれば転職が有利になります。どちらも国家資格ですがこの2つの違いは簡単にいえば電気工事士は電気工事ができ、電気主任技術者は変電設備などの電気工作物の保守や管理の業務を主に行います。電気工事士の場合は第一種と第二とあり第一種電気工事士は、ネオン工事及び非常用予備発電装置工事を除く中小の工場・オフィスビル・高圧受電の店舗や、一般住宅・小規模な商店・600V以下で受電する電気設備などの工事を行うことが可能です。

また第二種電気工事士の場合は一般住宅や小規模な商店や店舗や、600V以下で受電する電気設備の新築や増改築の時に工事を行うことができす。具体的には電気配線やコンセントの設置や、アース工事などを図面に従って設備工事します。工事を行うことが可能な施設は一般のオフィス・マンション・商業施設・ホテル・ホール・学校・病院・工場から、橋や道路などの公共施設など電力を必要とする施設のほとんど全てです。電気工事士試験の特徴は年齢・性別・学歴・実務経験などに関係なく、誰でも受験することができる点です。

電気工事士の試験は一般財団法人の電気技術者試験センターが実施していて、第一種は年に1回で第二種は年に2回行われています。第一種と第二種ともに筆記試験と技能試験がありますが、技能試験を受けることができるのは筆記試験の合格者か筆記試験の免除者のみです。試験日は第一種電気工事士の場合は筆記試験が10月で技能試験が12月で、第二種電気工事士の場合は筆記試験が6月と10月で技能試験が7月と12月の2回です。

筆記試験は四肢択一のマークシート方式で問題数は第一種と第二種ともに50問で、一般問題が30問で配線図問題が20問出題されます。技能試験は電動工具以外の作業用工具の使用のみが許可されていて、一定の時間以内に配線図に従って与えられた材料で電気回路を完成させます。ただ技能試験の場合は出題候補問題が、事前に発表されるので事前の対策が可能です。

法律で電気工事士の資格を持っていなければ、電気工事を行うことができません。そのためビル管理会社に転職する際にこの電気工事士の資格を、持っていれば有利になることは間違いありません。もしビル管理の電気工事士の求人に興味がある方はリクルートエージェントなどの、転職エージェントに登録すれば求人情報だけでなく社風や採用基準なども詳しく教えてくれます。

ビル管理の求人はココに!人気転職サイトの比較!

  サービス名 利用料金 エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 ビル管理求人サイトランキング All Rights Reserved.