ビル管理の50代向けの求人

ビル管理求人TOP >> 条件・職種別のビル管理求人 >>ビル管理の50代向けの求人

ビル管理の50代向けの求人

2008年に起きたリーマンショックの影響でアメリカのみならず、世界経済が低迷し日本もその影響を大きく受けました。そのため不動産市場の打撃で首都圏のオフィスビルは空きが目立ち、分譲マンションは販売不振が続きました。当然のことですがビル管理業界にもその影響は及び、2010年ぐらいまでは伸び悩んでいました。しかしその後は新築マンションの建設が増えたことや、2012年末の政権交代で日本の経済にも大きな変化が現れました。

ビル管理業界の動向と現状ですが2013年の主要なビル管理企業12社の規模は7191億円で、売上高純利益率は3.1%のプラスで過去5年間の伸び率も5.4%のプラスでした。また平均年齢は44.6歳で平均勤続年数は9年で、平均年収は424万円と平均なビジネスパーソンとあまり変わりません。平均年齢からも分かるように、ビル管理業界には50代の方々もたくさん働いています。しかしビル管理の50代向けの求人となると、けっして多くはありません。

また例え50代の方が応募できるビル管理の求人があっても、競合する50代の応募者も多く書類さえ通過しないという声も聞こえてきます。2013年の日本は景気回復の兆しが見え始め、多くの企業では求人も活況を帯びています。しかしビル管理業界に関しては他の業種とは少し異なり、不景気であってもある一定の人数の社員は必要で、逆に景気が回復したからと言って大幅な増員を行う業種ではありません。

特にビル管理の50代向けの求人は基本的に社内に欠員が出た場合に、行われるので案件そのものもさほど多くはありません。むしろ景気回復にも関わらず、50代の方の応募数は増えているのが現状です。これはここ近年に多くの企業で行われたリストラが原因で、正社員として再就職できなかった50代の方が急増しているからです。中高年フリーターという言葉まで登場するくらい、40代や50代の非正規雇用が増えています。

確かにビル管理の求人であれば資格や経験があれば、オフィスビルや分譲マンションや商業施設などの電気やボイラーなどの保守点検や管理業務は、50代の方など年齢に関係なく採用になります。また警備や清掃などの、職種も同じことが言えます。ビル管理の50代向けの求人であれば、リクルートエージェントなどの転職エージェントにはたくさん掲載されています。また転職エージェントであればビル管理業界動向と現状に精通した担当者が専属で付くので、50代の方でも安心して転職活動が行えます。

ビル管理の求人はココに!人気転職サイトの比較!

  サービス名 利用料金 エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 ビル管理求人サイトランキング All Rights Reserved.