ビル管理業界の自己PR

ビル管理求人TOP >> ビル管理求人の基礎 >> ビル管理業界の自己PR

ビル管理業界の自己PR

履歴書の志望動機の欄にはなぜその企業に応募をしたかを記載し、職務経歴書の自己PRの欄には「キャリアや実績」・「スキルや資格」・「やる気や人間性」の3点をアピールします。ビル管理業界の自己PRも同様でこれまで、どんな状況で仕事を成功させたかを思い出して下さい。例えばビル管理業界で働いた経験がある方であれば、ビルの機械設備や電気設備などの保全管理のトラブル処理の際にどう行動したかを書きます。またマンション管理であれば管理組合との折衝や交渉で、どう話しをまとめて成果がでたのかなどを書きます。

次にスキルや資格ですがビル管理業界に関係するスキルや資格としては、第一種電気主任技術者・第二種電気主任技術者・エネルギー管理士・建築物環境衛生管理技術者・ボイラー技士・ビル管理士・マンション管理士・管理業務主任者などがあります。自分が応募するビル管理会社の職種にスキルや資格が、求められているものと合致するかどうかがポイントです。ただ資格を取得したというだけではアピールが弱いので、どんな仕事に活かすためにかをしっかり書くようにします。また応募の時点で取得していなくても、勉強中や受験予定のスキルや資格も自己PRの欄に記載しても大丈夫です。

次にやる気や自身の人間性のアピールですが、やる気があるといくら書いてもなかなか人事担当者には伝わりません。そのため採用されればどんなことができるのかを、具体的に自分の言葉でしっかり書くようにします。例えば「貴社に入社したあかつきには油圧設備などの保全や、さまざまな改善策の実施に取り組んでいきたい」など、求人側の企業が求めている人材を想定してやる気をアピールします。

また人間性のアピールですがもし20代や30代前半の若い世代の方であれば会社の先輩の方々に謙虚に学ぶ姿勢を示し、もし30代後半以降の方であれば管理職として自身の人間性をアピールします。20代や30代前半くらいまではプレーヤーでも許されますが、30代後半以降の方であればマネジメント力が問われます。自己PRで大事な事は応募する、ビル管理会社が求める人材に見合ったアピールをすることです。

もし自己PRをどう書けばいいか分からないという方は、リクルートエージェントのような転職エージェントを利用されることをお勧めします。ウェブ上で登録を済ませビル管理業界に精通した専任の担当者と面談する際に、履歴書や職務経歴書を持参すれば添削を行ってくれます。またビル管理業界の求人の紹介だけでなく、面接のセミナーなども全て無料なので気軽に活用できます。

ビル管理の求人はココに!人気転職サイトの比較!

  サービス名 利用料金 エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 ビル管理求人サイトランキング All Rights Reserved.