ビル管理業界の面接のコツ

ビル管理求人TOP >> ビル管理求人の基礎 >> ビル管理業界の面接のコツ

ビル管理業界の面接のコツ

アベノミクスにより株価も上昇し景気回復の兆しが見え始めると、企業の業績も回復し求人も活況を帯びて来ました。そのためそれまでは転職に慎重な姿勢だった方も、積極的に転職活動を始めました。ビル管理業界も多くの企業の業績が回復し、求人も以前とは比較にならないほど増えています。

ただ景気が回復し求人が増えることは大歓迎ですが、条件がよい案件はそれだけ応募者も多く競争も激しいことを意味します。そのため応募書類を送っても、なかなか通過しないと嘆きの声が聞こえてきます。そんな中で応募書類がやっと通過し面接の連絡が届き、「やった!」と喜んだ方も多いと思います。しかし喜んでばかりはいられません。折角の面接のチャンスも、内定が得られなければ意味がありません。

ただビル管理会社から面接の連絡が届いた途端に、面接でどんな質問がされるか不安になったり心配になったりする方も少なくありません。しかしビル管理会社の面接では、他の業界の面接と同じように共通した質問がほとんどです。そのため事前にどんな質問されるかが分かっていれば、面接もさほど怖くはありません。先ず最初によく質問されるのが、「どうして当社に応募したのですか?」です。この質問の意図はどれだけの自社について、知識を持ち理解しているかを探るのが目的です。

求人に記載されている給与や休日や休暇などや福利厚生面などの条件面が本当の理由であっても、そのビル管理会社の社風や将来性や業務内容に惹かれたと答えるほうが人事担当者の心証は良いでしょう。また「ビル管理業界で働こうと思ったきっかけは何ですか?」よく質問されますが、この質問の意図はビル管理業界に対してどのように考えているかを知り、応募した動機の真意を探るのが目的です。

他にも「なぜ転職しようと思ったのですか?」も必ず尋ねられる質問ですが、この質問の意図は採用しても同じような理由で辞められることを恐れているからです。そのため「前の職場の人間関係が原因です」などと答えると、「うちでも同じようなことがあるかもしれませんよ」と切り返されるかもしれません。このようにビル管理業界の面接は、だいたい質問の内容も決まっています。もしそれでも面接に不安を感じる方は、リクルートエージェントのような転職エージェントを利用されることをお勧めします。面接のセミナーや依頼すれば個人的に、擬似面接なども無料で行ってくれます。

ビル管理の求人はココに!人気転職サイトの比較!

  サービス名 利用料金 エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 ビル管理求人サイトランキング All Rights Reserved.