ビル管理求人サイトランキング

ビル管理の求人を効率的に見つけるには

ビル管理の仕事は所属する企業によって、給与面などの条件はもちろん仕事の厳しさまで左右されます。転職の際にはビル管理の業界にも精通している転職サイトを活用するのが有利です。

例えばリクルートエージェント。登録すればキャリアアドバイザーがさまざまな情報を教えてくれますし、ハローワークにはない好条件のビル管理求人も豊富です。登録・利用には一切費用が発生しないのもポイントです。

ビル管理の求人はココに!人気転職サイトの比較!

  サービス名 利用料金 エリア
リクルートエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
■ビル管理求人を探すのであれば転職成功実績No.1のリクルートエージェントがお勧め
約30万人が転職に成功している実績あるエージェントなのでビル管理業界もお任せ下さい。
■ビル管理会社への就職や転職でも業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが支援します。
■オフィスビルから分譲マンションまでビル管理への就職や転職は求人量も質もナンバーワン
■リクルートエージェントには電気などの保守点検から警備や清掃までビル管理求人が満載
■未経験のビル管理求人でもキャリアアドバイザーが応募できる案件だけをあなたに紹介します。
■大手ビル管理会社への就職や転職を検討するのであれば非公開のビル管理求人をご案内中!
■キャリアアップや年収アップまで希望するようなビル管理求人が必ず探せるエージェント


マイナビエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
■ビル管理求人であれば年間200万人が登録しているマイナビエージェントが有利です。
■ビル管理業界専門のキャリアコンサルタントがあなたの強みを引き出し転職を徹底支援します。
■ビル管理業界出身のキャリアコンサルタントが業界の動向から求人情報まで教えてくれます。
■マイナビエージェントであればどんな職種のビル管理求人でも探せるので転職活動に便利!
■数少ない大手のビル管理求人も業界の人事担当者とのつながりがあるのでお宝案件が豊富
■キャリアコンサルタントがビル管理求人の紹介だけでなくあなたの不安や疑問を解消します。
■ビル管理求人へ応募する履歴書や職務経歴書の書き方や添削もすべて無料で行ってくれます。
■応募書類が通過したら心配なビル管理会社の面接もマイナビエージェントが全面的に支援!


DODA 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
■ビル管理求人であれば日本最大級と定評がある転職支援サービス「DODA」で探すのが1番!
■DODAは多くの転職エージェントとも提携しているのでビル管理求人の選択肢も広がります。
■ビル管理業界専任のキャリアコンサルタントがあなたが希望するような案件をご紹介します。
■在職のままでもキャリアコンサルタントがビル管理求人をご紹介し面接の段取りもお任せ!
■スカウトサービスもあるのであなたに興味をもったビル管理会社から連絡が直接あります。
■ビル管理業界への転職を希望するあなたの市場価値をDODAがソッと教えてくれます。
■キャリアコンサルタントが気になるビル管理求人の採用基準から社風まですべて伝授します。
■最も知りたい各ビル管理会社の年収情報もDODAの年収査定サービスを活用すればカンタン試算!


ビル管理会社の求人は多いか?

ビル管理会社の求人は多いかという質問に対する答えは、」全国で数多くのビル管理会社の求人募集がある」になります。なぜビル管理会社の求人は多いかというと、清掃管理・環境衛生管理・設備管理・警備・防災など幅広い業務をビル管理会社で行っているからです。また、オフィスビル・病院・マンション・官公庁など、数多くの対象現場が存在していることが、その理由のひとつとして考えられます。もうひとつの理由としては、ビル管理会社は景気の影響をあまり受けることがなく比較的事業が順調に推移しているからです。建築業界など市場が好況な時期でも急成長することは少ないですし、逆に市場がかんばしくない時期でも極端に業績が落ち込むことがなく業界全体が安定しているのです。それに建物の老朽化対応にどのニーズもあるので、景気に影響されることなくビル管理会社の求人は比較的多いのです。

しかし、ビル管理会社の求人は多いですが誰でも簡単に転職できるのかというと、そう簡単なものではないのです。その理由は、ビル管理会社で勤務するためには複数の資格が必要になるケースがあるからです。ビル管理会社の求人では、資格を取得していることが重要な採用判断基準になることがありますし、資格を持っていることが明確な応募条件になっていることも多いのです。なぜ、そのように資格が求められるのかというと、清掃管理・環境衛生管理・設備管理・警備・防災など幅広い業務において専門の資格や知識を持っている人が必要になるからです。また、設備により法令で有資格者の配置基準などが決められている場合もあるからで、このように資格が必要なため簡単に転職することはできないケースもあるのです。

では、どのような資格が求められるのかというと、衛生管理業務では建築物環境衛生管理技術者・浄化槽設備士・管工事施工管理技士・空気環境測定実施者などがあります。また受電設備機器の運転や管理をする場合には、第2種・第1種電気工事士などの資格が求められます。清掃管理業務ではビルクリーニング技能士などの資格が求められますし、ビルやマンションなどの全体管理の業務ではマンション管理士などの資格があると良いです。その他にも必要性が高い資格があって、取得していると評価されやすいです。

ビル管理会社の求人は多いのは確かですが、様々な資格を必要とするケースがあることも認識しておく必要があります。ただ会社によっては入社後に資格取得の支援をしているところもあるので、募集内容や応募条件と共に支援体制についても確認すると良いです。


Copyright (C) 2014-2017 ビル管理求人サイトランキング All Rights Reserved.